このホームページは、「犬のしつけ方」に特化した犬の情報サイトです

 
 

  犬の避妊手術

犬を飼い始めると、一度は避妊の手術について考えるのではないでしょうか?

発情期になると雌犬には多くの雄犬が近づいてきます。
犬の子が出来てから「貰い手が見つからない・・」では、困ってしまいます。
また、発情期を迎えた犬は将来的に病気になりやすいとも言われています。

これらを前もって防ぐ方法が避妊手術です。

では、犬の避妊手術とはどういうものなのでしょう?
避妊手術は卵巣子宮摘出手術と言われており、卵巣・卵管・子宮の摘出を行う手術のことをいいます。

摘出と聞くと「え!?そんな!」と思われる方もいらっしゃるでしょう。
犬は人間と違い、妊娠をしていなくても妊娠しているのと同じ状態になるホルモンが出る時期があるのです。
その影響で、高齢になるに従い、生殖器の病気が発症しやすいと言われています。
しかし、避妊手術を受ければ逆に、発情期がなくなるため病気のリスクが低くなるのです。

では、いつ手術を受けるのがいいでしょうか?
犬には発情周期というのが4回に渡ってくると言われています。
最初の発情期が来る前に手術を受けた犬は、2回目・3回目の発情期後に手術を受けた犬より、病気になる割合があきらかに低いのです。
初めての発情期がおよそ生後6ヶ月から8ヶ月と言われているので、その前に受けるのがいいでしょう。

犬にとって避妊手術はかわいそうと思うかも知れませんが、繁殖や病気を防ぐのならば、手術をしてあげたほうが犬にも飼い主にも幸せだと思いませんか?
 

  犬の避妊手術費用

犬の避妊手術はどのように行われるのでしょう?
病院によってやり方は違うでしょうが、雄犬と違い 雌犬は開腹手術をしなければなりません。
全身麻酔で行われるので、当然 入院が必要になってきます。
術前・術後のケアをしっかりしてくれる病院がいいでしょう。

また、費用はだいたい2万円〜8万円かかります。
金額に差があるのは、もちろん病院によっても違いますし、犬の大きさによっても違ってきます。

それにしても、犬の避妊手術費用の負担は大きいですよね。

現在では、人間と同じようにペットの保険があるのを知っていますか?
保険会社によっては、犬の避妊手術に対して、割引制度を適用してくれる保険もあるのです。

また、地方自治体からは補助金が出るところもあります。
「申請する自治体に住居があること」「狂犬病の予防接種 並びに登録が済んでいること」などが条件になっていることがほとんどのようです。
申請方法は手術前に申請するところ、手術後でも決められた期間内に申請すれば良いところなど色々あるようです。
金額も区市町村によって、まちまちなので各自治体に問い合わせるのが良いでしょう。

Copyright © 2007 犬のしつけ教室 All rights reserved.
Ferretアクセス解析