このホームページは、「犬のしつけ方」に特化した犬の情報サイトです

 
犬のしつけ
 
 

  犬のしつけ

犬のしつけで一番大変なのが、トイレのしつけでしょう。
犬との楽しい生活を始めたのに、あちらこちらに用を足されては、癒されるどころかイライラが募ってしまいますよね。

犬にトイレのしつけをする前にまずトイレ用品を購入しておきましょう。
今はワンタッチでシーツ交換が出来るトイレトレーや、犬用の消臭スプレーが安く売られています。
トレーを置いておくゲージもあると便利ですね。
子犬のうちは、数時間おきに食後や水を飲んだ後に必ずおしっこをします。
そのサイクルを掴んで、トイレのあるゲージに連れて行ってあげましょう。
トイレで用が足せたら、たくさん褒めてあげてください。

もし、トイレ以外で用を足してしまったら、その場でハッキリと叱りましょう。
そこで用を足してはいけないとちゃんと犬にわからせなくてはいけません。

ここで、注意しなければいけないのは、犬を強く叱り過ぎないという事です。
強く叱られると、犬はおしっこをすることがいけない事と、とらえてしまいます。
すると隠れてするようになったり、おしっこを我慢して病気を引き起こす原因にもなってしまうのです。

また、もし目の前でおこした粗相でなければ、しかるのは逆効果です。
犬は言葉が分からないのですから、なんの事を叱られているのか分かりませんよね。
ただし、においが残っているとそこがトイレだと覚えてしまうので、匂いが残らないようにしっかり掃除してください。

そうして犬がトイレで用が足せるようになったら、ゲージをはずしてあげても良いでしょう。
しつけの仕方には、いろいろな方法があるかと思いますが、一番大事なのは愛情と忍耐といったところではないでしょうか。
 

  犬の散歩のしつけ

犬は自分の家族の中でリーダーを決める習性があります。
そしてそれは、人間の社会で生きていく以上、飼い主がリーダーでなければ困ります。
もしも、普段の生活の中で、何でも犬の要望を聞いてあげていたり好き放題にさせているならば、まずは自分(飼い主)がリーダーなんだと言う事を覚えさせましょう。

リーダーを決めておかないと、散歩のときにリードを引っ張られたり好き勝手に歩かれるので、困ってしまいます。
このような場合は、まず犬にリードを引っ張らない範囲で歩くことが散歩なんだと教えてあげなくてはいけません。
犬がリードを引っ張って歩き始めたら、すぐに歩くのをやめましょう。
犬が引っ張るのを諦めておとなしくなったら、また歩きはじめます。
とても根気がいりますが、これを繰り返すことで勝手に歩くことはなくなります。

快適に散歩が出来ると、犬も飼い主も散歩に行くのが楽しみになってきますよね。
散歩になれて犬が喜ぶようになったら、1日2回は行くようにしましょう。

ただし、ただ歩いているだけでは、犬は満足しません。 そのうちの1回は一緒に走ってあげたり、ボールを使うなどして十分な運動をさせてやります。
こうすることで、普段は家の中にいる犬も外で繋がれている犬も、ストレス解消になりますし、飼い主とのコミュニケーションもとれて一石二鳥ですね。

また、散歩の際はあらゆる事故を防ぐためにも、必ずリードをつけて離さないようにしましょう。
もちろん排泄物はきちんと持ち帰るようにしてくださいね。

飼い主としての義務であるマナーを必ず守って愛犬との生活を楽しみましょう。

 

  子供と犬のしつけは同じ

我が家に新しい家族がやって来たのは、3年前。
飼えなくなった知人に頼まれて、奥さんがかわいい犬をもらってきました。

しかし、もう4歳になろうというその犬は、全くしつけがされていなかったのかやりたい放題!

咬む事だけはしないものの、食事の時の「まて」は「よし」にすり替わり「おすわり」なんてもっての外!
トイレにいたっては、所かまわずという状態でした。
そこで、その犬に一からしつけをし直す事にしました。

犬は犬種によって性格や個性があり、その犬にあったしつけをしなくてはいけません!

家族で話し合った結果
 1.家族全員でしつけを行う
 2.「まて」や「よし」などの言葉を家族全員で統一させる

まずはこの基本から始めてみました。

すでに子犬ではなく成犬になっていましたが、根気良く教えた甲斐があって、トイレの失敗もなくなり「おて」や「まて」も出来るようになりました!

まだまだ覚えて欲しい事はありますが、これからもアメとムチを上手に使い分けていかなくては・・・
まさに人間の子育てと同じですね。


Copyright © 2007 犬のしつけ教室 All rights reserved.
Ferretアクセス解析